--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.21

うつ病がなかったら・・

Category:

 
 「心の浄化」へようこそ♪

人生は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています 。

この『自我』(固定観念)を浄化することで『本当の自分』に還り

ノンストレスの世界で生きることができるのです 。

そのおかげで、私はうつ病と縁が切れました♪

 
【人生上昇塾の無料教材シリーズ】

「お気楽チャンネル」

ツイッター板「お気楽チャンネル」

読むラジオ。お気楽ちゃんねる(1)

楽園へかえろう!~本当の自分と出会う旅・ガイドブック~

【インターネット講座・テイクオフコース】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




うつ病がなかったら、今の自分はいない。

うつ病があったから今の自分がある。

以前にも書きましたが、私は極度の自己否定から

「自分を消してしまいたい!」
「生きている価値などない人間だ。」
「生きている事で周りに迷惑をかける。」

こんな思いに駆られ、毎日自殺を考えていました。

しかし、とことん落ち込んだことで

「自分はいったい何者だ?」
「なぜ人間に生まれたんだ?」
「なぜこんなに苦しむんだ?」

こんな疑問が生まれ、その答えが分かりかけてきました。

この苦しみの原因、自己否定の原因となる固定観念、想念、善悪の観念等

こんなもの消せるわけが無いと思っていたものが実際に消すことができたことで、客観的に自分自身を見つめることができるようになりました。

今の苦しみは全て夢であり、幻想なんだということが分かってきました。

今この瞬間に身体がしている事のみが真実の丸出しであり、頭の中に浮かぶ言葉や想念は全て過去の記憶に基づいた思考であり、未来を思う妄想なのだと・・


この思考(固定観念、想念、善悪の観念等)を浄化して消し去ることでノンストレスとなり、自己否定も苦しみも悩みも消えさるんですね。

初めはそんな想念や観念を消すことなんかできるわけがないと思っていましたが、いざ実践してみると嘘のように消えました。

で、気がつくといつのまにか鬱が消えていた・・

本当に、嘘のような本当の話です。

なぜ、自分と云う自覚があるのか?

なぜ、心と云うものがあるのか?

なぜ、喜怒哀楽という感情が自分にあるのか?


その答えは自分の中を見つめれば誰でも分かってきます。

外側の現象に囚われているうちはわかりません。

自分がなにをどう思っているのか?

自分の心の中だけを見つめていれば段々と分かってくることです。


感謝!




よろしくお願いします♪
 人気ブログランキングへ



 

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。