--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.25

世が世なら・・

Category: 自我

 
 「心の浄化」へようこそ♪

”私”という自分は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています 。

この固定観念を浄化(想念を消すこと)することで自他を裁く『自我』が消えて

ノンストレスのお気楽人生を謳歌できます。

【人生上昇塾の無料教材シリーズ】

「お気楽チャンネル」

ツイッター板「お気楽チャンネル」

読むラジオ。お気楽ちゃんねる(1)

楽園へかえろう!~本当の自分と出会う旅・ガイドブック~

【インターネット講座・テイクオフコース】只今キャンペーン中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私の親族にこんな口癖を持った人がいます。


「世が世なら、我が家は旗本○○石の出世頭でなんたらかんたら・・」

「はあ~?世が世ならねぇ・・で、今何年?」

「平成26年!」



そうなんです、今は安土桃山時代ではありません!

平成26年なんです!

はい、ご苦労さん。


感謝!



ポチっと、よろしくお願いします♪
 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
02.23

 ”今” への拘り

Category: 今、ここ

 
 「心の浄化」へようこそ♪

”私”という自分は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています 。

この固定観念を浄化(想念を消すこと)することで自他を裁く『自我』が消えて

ノンストレスのお気楽人生を謳歌できます。

【人生上昇塾の無料教材シリーズ】

「お気楽チャンネル」

ツイッター板「お気楽チャンネル」

読むラジオ。お気楽ちゃんねる(1)

楽園へかえろう!~本当の自分と出会う旅・ガイドブック~

【インターネット講座・テイクオフコース】只今キャンペーン中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これまで ”今” ということに対して拘ってきましたが、ある事に気づいてこの拘りが消えました。


それは・・

 
 

 ”今” はもうすでに ”今” であること(笑)


何も意識しなくても ”今” こうしていることが ”今” なんですね、あたりまえですが(笑)

いやいや、力が抜けました。

このまんまで全然OKなんですね。



感謝!


ポチっと、よろしくお願いします♪
 人気ブログランキングへ





続きを読む

Comment:0  Trackback:0
2014
02.02

“私”という心

Category: 自我

 
 「心の浄化」へようこそ♪

”私”という自分は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています 。

この固定観念を浄化(想念を消すこと)することで自他を裁く『自我』が消えて

ノンストレスのお気楽人生を謳歌できます。

【人生上昇塾の無料教材シリーズ】

「お気楽チャンネル」

ツイッター板「お気楽チャンネル」

読むラジオ。お気楽ちゃんねる(1)

楽園へかえろう!~本当の自分と出会う旅・ガイドブック~

【インターネット講座・テイクオフコース】只今キャンペーン中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


心というものは本当に摩訶不思議なものですね。

四六時中いろいろな思いがどんどん出てきます。

もう何も思いたくない、考えたくないと思ってもお構いなく出てきます。

考えたくないのに“思い”や“思考”はなぜ出てくるのか?

それは考えている“私”は自分ではないからです。

今年に入ってからこのことを強く実感するようになりました。

考えているのが本当に自分だったら思い通りに思考を止めることができるはずですが、なにをどうしても止めることはできません。

それは思考する“私”という自我は『本当の自分』ではないからです。

ポジティブ・ネガティブ両方の思考がどんどん出てきますが、これは“私”という自我がかってにしていることで自分ではないのだということがはっきりしてきたので、思考を無視をして静かな心でいられることが多くなってきました。

“私”は『本当の自分』ではない。

このことが思考ではなく、感覚的に心底腑に落ちたときに大安心の世界に入ることができるのですね。


雲が行くように、水が流れるように只さらさらと縁にまかせて今を生きていく。

心がけて精進です。


感謝!



ポチっと、よろしくお願いします♪
 人気ブログランキングへ




Comment:0  Trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。