--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
04.12

二日酔い

Category: 心の風景
昨晩はフォークバンドの相方と飲み会でした。

毎度のごとく二日酔いです。(笑)


話した内容は、これも毎度のごとく

あまり覚えていませんが


一つ相方が言ったことは覚えています。

「死んだらどうなるのかなあ?」

私も「浄化ワーク」を始めるまで思っていたことです。


「自分を自覚する意識はどこからきたのか?」
「なぜ命があるのか?」
「この意識は死んだらどうなるのか?」

などなど、こんな思いがいっぱいでした。


”死”というものは身体が機能しなくなり

完全に停止した状態で同時に意識も消え去る。

一般的にはそう認識されているものだと思います。


で、今私が思っていること。


命は無くならないのではないか?

命は永遠で身体はこの物理的な世界を

生きるために必要な有機的道具であり

病気や事故などで身体にダメージが与えられて

また、寿命がきていわゆる”死”が訪れる。


しかし、命そのものは生き続ける。

極めて霊的な存在なんだと思います。



そう思うと、死は決して恐ろしいものではない。

そんな気がします。

新しい生の出発点なのだと思います。


我が心の師匠、安達さんがこういっています。



『死後の世界(浄土)というのは、

今、まさに「ここにある世界」です。


死ぬのを待つ必要はありません。


生きながら、それがわかるから

迷い、苦しみから救われるんですね。』




しかし、これは理屈ではわかりません。

実際に見性して体験するしかないのです。


そのための「浄化ワーク」なんですね。


日々、修行あるのみですね。



感謝!







何かいいこと、あると思います!

   ポチをよろしく  感謝!

    ブログランキング

       

    





話題の無料電子ブック

人生の創造主になる方法



「本当の自分」って一体誰?

その答えはこちらで



この一杯でリラックス♪
山田錦100%使用!!繊細な香りと芳醇な旨み








Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://tuiteru3103.blog43.fc2.com/tb.php/193-2803ad85
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。