--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
12.31

映画「素晴しき哉、人生」

Category: 心の風景
映画「素晴しき哉、人生」を観ました。


ジェームス・スチュアート主演の古い映画です。


悪人に騙され、絶望して自殺しようとしたが

二流天使(笑)に助けられ、

自分が生まれていない世界を見せられます。

何もかもが変わってしまっている。


平和で穏やかな世界が、荒廃した世界になっている。

当然、自分を知る者は誰もいない。


「生きたい!」

そう思ったときに、現実の世界に戻ります。


自分の状態がどんなであれ

存在することが素晴しいことだと気づきます。


全ての中の一つ。


一つは全てと繋がっている。


それでOKなんですね。


あるがままの自分でOK。





今日は大晦日ですね。



また一年が終わります。




2010年も



”今、ここ” そして  あるがまま、あるがまま





良いお年を・・・






感謝!






いつもポチをありがとうございます。  感謝!
        ↓
   
   ブログランキング





私の鬱が治りました。素晴しいインターネット講座です。

只今、2大特典キャンペーン実施中!

なんと!受講期間が2倍です!!

  
        

  「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース






★☆月額250円~で本格的なホームページが作れます♪☆★





トラックバックURL
http://tuiteru3103.blog43.fc2.com/tb.php/362-88e0c091
トラックバック
コメント
銀行でお金を見つけたのに、教えてあげなかった人も

良い悪いではなくて、

彼にとっては重要な登場人物だったわけで・・・

それは誰にとっても同じことが起こっているわけですが

頭では理解できても、なぜ?という疑問がまだ残っています。


今年もたくさんのメッセージを発信してくださいました。

ありがとうございます。

どうぞ良いお年を

そして、明日からもよろしくお願いします。
chancedot 2009.12.31 11:43 | 編集
chance さん

>銀行でお金を見つけたのに、教えてあげなかった人も
 良い悪いではなくて、

そうですね、相対の世界ですから

良いも悪いもない、只あるだけ。


全てがあって”今ここ”があるのですね。


よいお年を・・・


感謝!

sawadot 2009.12.31 14:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。