--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
05.26

人との関係

他人に対しての感じ方は様々ですね。


いい感じの人、悪い感じの人。


頭にくる人、好きな人、愛しちゃった人etc・・



「浄化ワーク」の中でこんな風に教わりました。



例えば、相手の言動に対して腹を立てたりムカついたり・・


これは、

「自分の中に同じ要素があるから反応する」

「自分の中にないものには反応しようがない。」


ということで、相手は合わせ鏡なんですね。


自分では気がつかない潜在意識の中にある


要素が相手の言動に反応するそうです。



例えば、


「あいつは人の陰口を言う嫌な奴だ。」


こんな風に反応したら、それは自分が陰口を言う人間です。


自分がそうだから自我が反応してしまうのです。


陰口を言う自分が許せないのです。


だから、

「陰口を言う自分が許せない。」

「陰口を言ってはいけない。」

「陰口を言うのは悪い。」

「陰口を言わないのは良い。」


こんな観念を浄化すると、その人間が気にならなくなります。


もう、何人も浄化しました。


で、嫌いな人は今はいません。


自我が反応する人がいたら


それを自分に置き換えて浄化します。


それで終わりです。


実際に引っ越していなくなった人や


転勤でいなくなったり、まったく只の人になったり・・


様々なかたちで相手は消えていきました。


妻も当然浄化しました。(笑)


もちろん、自分に置き換えてです。


今では妻の言動にあまり反応しなくなりました。


ほとんど、妻の言うことはスルーできます。


これは楽です。(笑)



結局、全ての答えは自分の中にあるのですね。


相手の言動に反応する自我(観念)がある限り


心の波は治まらないのです。



さて、精進、精進。




感謝!





あるがままに、ポチをよろしくお願いします。  感謝!
        

     人気ブログランキングへ









トラックバックURL
http://tuiteru3103.blog43.fc2.com/tb.php/466-a3f59db4
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2010.12.25 23:15 | 編集
通りすがりさん、コメントありがとうございます。

妻の言うことがスルーできるのが楽しいか?とのことですが

楽しいときもあり、楽しくない時もあります。

その時の縁でどのようにも自分の反応は変わります。

むかつくことがあってもそれは『本当の自分』ではなく

善悪の観念でジャッジしている自我であることがわかるので

それはそれでOKなんですね。

楽しい、つまらないも相対の概念ですから

・楽しくなければいけない
・楽しまなければいけない

こんな強迫観念があるのですよ。

この観念があるかぎり心から楽しむことは

難しいとおもいます。

この観念を浄化したらそんなこだわりもなくなりました。

これは私の場合ですが、人それぞれ感じ方は違うので

その人なりに楽しめばいいのではと思います。






> 通りすがりのものです。
> 奥様の言うことがスルーできるとのことですが、それで楽しいのですか。
> 未熟者の私には意味がよくわからないのです。
> ご教授くださいますと幸いです。
sawadot 2010.12.26 05:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。