--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
02.02

超自我

Category: 自我
 
 「心の浄化」へようこそ♪

人生は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています。

この『自我』(固定観念)を浄化することで『本当の自分』に還り

真実の世界で生きることができます。


●第2回『べーシックコース・大阪』参加受付中です。
          
   詳しくはこちらからどうぞ


●第4回 『ベーシックコース・東京』 参加受付中です。
          
   詳しくはこちらからどうぞ 
 

●ガイドブック「楽園へかえろう!」出版記念イベント開催中です。
          
   詳しくはこちらからどうぞ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



生まれたばかりの赤ちゃんの脳は真っ白でなにもありません。

まったく“無”の状態です。

そして、生後7カ月くらいから自我が芽生えるそうです。

その後、両親や身内、学校の先生や周りの大人から

「あれは良い」「これは悪い」「あ-しなさい」「こうしなさい」

と善悪の観念が植え付けられて「超自我」が発生してきます。

そして、脳は3歳で約85%出来上がり、人格が形成されるそうです。

「三つ子の魂百まで」とはこのことかもしれませんね。


さて、「自我」とは「私は、わたし」と認識している存在で、概念、記憶、

認識の集合体です。

そして、「自我」があるお陰で、健全な社会生活が営めるし

生命も維持されます。

「自我」は無くならないし落とす必要も無いのです。


落とすべきは、「超自我」の「善悪の観念」なんです。


さて、この「超自我」とは?

善悪の観念ですべてをジャッジする裁判官です。

他人に対する好き嫌いもそうです。

気に入る人は良い、気に入らない人は悪い

実に単純にジャッジしてバッサバッサと切り捨てます。


そして

「もっと良い人にならなければ!」
「今の自分ではいけない!」
「もっとがんばらなければ!」
「あいつに、負けるな!」
「あのとき、あんなことさえなければ」

と自らをも裁き自己否定の観念を生み出すのです。

このように「いま」を否定し「過去」を悔やみ「未来」に不安を持っている

存在が超自我の正体です。

これが昂じると、「うつ」「パニック」最悪は「自殺」

なんてことにも、繋がります。


まさに、私はこの超自我にやられて鬱になり自殺まで考えたのです。


そして、現在この超自我を「観念浄化ワーク」で消したことで

ほとんどストレスを感じなくなりました。

鬱も完全に消え去りました。

最初は眉唾物だと思っていた「観念浄化ワーク」は

本物でした。



感謝!



   ご縁のままに・・  感謝!  

        

   
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ




すべての答えは、自分の中に眠っている
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース

 







トラックバックURL
http://tuiteru3103.blog43.fc2.com/tb.php/688-b422401a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。