--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
02.16

私たちは他人の価値観で生きている

Category: 自我

 
 「心の浄化」へようこそ♪

人生は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています。

この『自我』(固定観念)を浄化することで『本当の自分』に還り

真実の世界で生きることができます。


●第4回 『ベーシックコース・東京』 参加受付中です。
          
   詳しくは
こちらからどうぞ 
 

●ガイドブック『「楽園」へかえろう!』が出版されました!
          
   詳しくは
こちらからどうぞ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私たちは他人の価値観で生きています。

信じられないでしょ(笑)

信じないでください(笑)

でも、本当です。


人間の脳は産まれたばかりは真っ白で真っさらです。

そして、3歳までに、約85%まで脳が出来上がるそうです。

さて、この85%がどうやって形成されるのか?


普通で行けば、赤ちゃんは両親に育てられます。

3世代同居家族であれば、お爺ちゃん、お婆ちゃんもいます。

後は、親戚の大人とかご近所さんとか先生とかですね。


この凝縮された3年間の間に、この回りの大人たちから

「あれをしてはいけません!」
「これをしてはいけません!」
「こうしなさい!」
「ああしなさい!」
「言ううことを聞きなさい!」
「これができたの?おりこうさんねえ!」

などと、良い・悪いの善悪の観念・価値観をたっぷりと植えつけられるのです。

そして、それを元に人格・自我が形成されてしまうのです。

まさに、「三つ子の魂百までも」です。


つまり、ほとんどが親を中心とする大人たちの価値観で生きているのです。

そして、二十歳までに100%の脳が出来上がるそうですので

自分本来の価値観は微々たるものですね。

で、この善悪の観念が諸悪の根源(あえて悪といいます)なのです。

物事にこの良い・悪いのジャッジをもとにすべてラベルを貼ってしまうのです。

「あれは良い、これは悪い」
「私は良い、お前が悪い」
などなどetc・・

これが争いとなった場合、小さければ口げんかになるし

大きければ国家間の戦争にもなるわけです。

双方互いに自分が正しいですからね。

争いは互いに「自分は良い、相手が悪い」これしかないわけですよ。

そして、この自我は自分自身も善悪で裁いて心の病になってしまうわけです。

以前の私ですよ、ハイ。


この要りもしない善悪の観念を取っ払うのが「観念浄化ワーク」です。

この観念が小さくなるとすごく楽です。

鬱が消えましたもんね。

自分や他人を裁くことがほとんどなくなりました。

もちろん、無差別にすべてがOKではありません。

人道的なことやモラル的なことはしっかりと残ります。


この世の全ての人間から善悪の観念が消えたら

どうなるでしょうね?


一度見てみたい(笑)



感謝!







   ご縁のままに・・  感謝!  

        

   
  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ




すべての答えは、自分の中に眠っている
「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース

 




トラックバックURL
http://tuiteru3103.blog43.fc2.com/tb.php/700-31f85bd2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。