--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
09.30

 “いまここ” にいるということ

Category: 今、ここ

 
 「心の浄化」へようこそ♪

人生は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています。

この『自我』(固定観念)を浄化することで『本当の自分』に還り

ノンストレスの世界で生きることができるのです。

私はコレで鬱を克服できました♪


ネットラジオ好評放送中
           ↓ 
       人生上昇塾「お気楽ちゃんねる」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私の長女は、東京にある「劇団め組」という劇団に所属しており、現在は小中学校の芸術鑑賞授業で依頼された演劇の仕事で全国を回っています

先日、静岡市内の小学校で公演があり、家内と鑑賞してきました

演目は、低学年は「青い鳥」、高学年は「ベニスの商人」でした

長女をはじめ、演じる役者さん達はまさしくその世界に没頭しています

もう、 “いまここ” しかないのですね


そして、それを上回る “今” を体験しているのが、演劇を観ている小学生たちです

子供たちは演劇の中の世界に身も心もどっぷりと浸かって一つに繋がっているようです

子供たちの感性は “いまここ” そのものですね


かく言う私は、娘の芝居にのめり込むと思っていたのですが、どういうわけか

“今” 目の前で起きている場面を実に客観的に観ているのです

なんというか、芝居を楽しんでいる自分と、それを客観的に全体を観ている自分が同居しているような感じなんですね

でも、時々気がつくと芝居のストーリーの中にいる自分に気づいたりもしています(笑)


ただ、演劇を鑑賞する

これだけの体験の中に自我としての意識があり、それを別からみつめる意識があり、またそのどちらでもなく、気がつくと芝居のストーリーそのものになっていた自分がいたり・・

いやはや、心というか意識というものは千変万化しますね

しかし、これこそが心の真骨頂というのか

突如として現れ、瞬時に消え去っていく・・

あって無く、無くてある・・


いやはや、しっかりと実感させていただきました(笑)

親ばかで仕事を休んで観に行った娘の公演で貴重な体験をしました


ついでに親ばかでもうひとつ(笑)

「劇団め組」をよろしくお願いします!


最後はコマーシャルで失礼!



感謝!




まいどのポチをありがとうございます!

   人気ブログランキングへ


すべての答えは、自分の中に眠っている

  「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース






トラックバックURL
http://tuiteru3103.blog43.fc2.com/tb.php/855-b1ed26bf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。