--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.08

古い古い記憶

Category: 浄化

 
 「心の浄化」へようこそ♪

人生は『自我』(思い込みという固定観念)で創られています 。

この『自我』(固定観念)を浄化することで『本当の自分』に還り

ノンストレスの世界で生きることができるのです 。

私はコレで鬱を克服できました♪



 「鬱からの脱出」という「お気楽チャンネル」です♪
  こちらからどうぞ♪ 


ツイッター板「お気楽チャンネル」はこちらから


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




争い・憎しみ・恨みの概念を浄化した後、古い古い記憶が蘇りました。

鮮明に覚えていて自分でも驚いたほどです。


小学校4年生の時、私は給食当番で瓶の牛乳がクラスの人数分40数本入った木箱をもう一人の当番と運ぶはずでした。

しかし、時間になってももう一人の子がこないのでしかたなく一人で運ぶことにしたのです。

かなり重い牛乳ケースを抱えながらクラスの前まで来たときに引き戸のレールにつまずいて牛乳ケースを落としてしまいました。

半分近くの瓶が割れてあたり一面に牛乳が飛び散りました。

この後、担任の女性教師は学級裁判と称して私ともう一人の当番の子を被告として黒板の前に立たせ、クラス全体で二人を責めたのです。

私は怖く、悲しく、心細く、只々泣いていたのを記憶しています。


そして、この記憶が蘇った途端、この女性教師に猛烈な怒りと恨みを感じたのです。

そして、大きな怒りと共に女性教師の薄笑いを浮かべた顔の表情まではっきりと思い出されました。

恐ろしや、我が記憶です(笑)


・俺をつるしあげたこの教師を絶対に許さない!

・子供の心を傷つけたこの教師を許せない

・子供を攻撃するこの教師が許せない


こんな感情が湧きだし、善悪の観念まで掘り下げて浄化し、合わせ鏡として自分に置き換えて浄化しました。


今までこの記憶は一度も出てきませんでしたが、争い・恨み・憎しみの概念を浄化したことで底から浮かび上がってきたのかもしれません。

あの猛烈な怒りが湧いたということはかなり大きな隠れ観念だったのでしょう。


私も自分の気がつかない中で子供たちの心を傷つけていたことがあったのかもしれません。


この観念が見つかって本当に良かったと思いました。


それにしても、怨念がこもった記憶は恐ろしいですね。

今ではもう80過ぎのお婆ちゃんになっているか、この人間業界をすでに去っているかもしれない女性教師が、当たり前のことながら当時のままで蘇ってくるのですから(笑)


「観念浄化ワーク」をやっていてよかったとつくづく思いました(笑)



感謝!







すべての答えは、自分の中に眠っている



 







トラックバックURL
http://tuiteru3103.blog43.fc2.com/tb.php/955-f0fd8106
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。